Top

enie meenie official blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
LIVE SCHEDULE
2012/3~
Making new songs

LINKS
enie meenie web
myspace
purevolume
audioleaf

DISCOGRAPHY







悪魔
毎週楽しみにしている名曲探偵アマデウス。

先々週の放送で武満徹のノヴェンバー・ステップスを取り上げていました。
最近、西洋のクラシックばかりを題材にしてきた為か、
一話一話のクオリティが落ちてきてるかなぁ、心配していたのですが、
ここにきて、一気に近代~現代音楽で攻めてくるのかぁ!と
ワクワクしておりました。

シェーンベルグやメシアン、スティーヴ・ライヒなんかが題材になる日も近い!
のかと思っておりましたが、

今週は、時代が再び遡り、パガニーニでした★
曲はもちろん、24の奇想曲。

確かに、これだけクラシックの作曲家に影響を与え、
キャラクターとしても魅力十分。
今まで題材にされてこなかったのが不思議なくらいです。

改めて、彼が紡いだバイオリンの超絶技巧を耳にしましたが、
終始、口をポカンと開けたまま、圧倒され続けました。

バイオリンという楽器をここまで高みに昇華させた功績は
計り知れないです。

ピアノで同じような功績を残したのは、リストであり、ショパンだと思いますが、
そうした彼等の先駆け、パイオニア的な役割をしたのがパガニーニです。

様々な音楽家が、彼の『24の奇想曲』をアレンジしてきましたが、
その中でも独自性でいったら、やっぱりラフマニノフが一番でしょう★
いつぞや、このブログにも貼り付けましたが、あの美しいメロディーが
週末以降、頭から離れません。

天才と天才のコラボレーション。

こんな曲を生み出す事なんてできない、
という確信が間違いないではない、という事はハッキリ分かります。
むしろ、そんな事を考えること自体がおこがましいです。

偉大な先人の作品というのは、その後の人々に呪縛、障害となり、
その壁を乗り越えたものが、次世代の音楽を奏でられる、
これが(西洋)音楽の歩んできた歴史だと思うんです。

同じことの繰り返し、先人の焼き直し、耳障りが良いだけの大衆性、
ここから如何に脱却し、色んなものからヒントを得て、
少しづつでも良いから、新しい要素を加えていく。

凡人にできるのは、そういった姿勢で曲を作ることぐらいです、、、

大分、脱線しましたが、言いたい事は至極簡単。


パガニーニ、マジでリスペクト!!


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-22 00:00 | ochii
<< ハッピーバースデー 芸 >>


Twitter
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧