Top

enie meenie official blog
LIVE SCHEDULE
2012/3~
Making new songs

LINKS
enie meenie web
myspace
purevolume
audioleaf

DISCOGRAPHY







<   2009年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
紅白
今年も大晦日は紅白歌合戦を観ましたが、去年より面白くなかったなぁ。。
60回という記念すべき区切りなのに、ジャニーズ系が増えすぎて、
ちゃんとした歌手が今年は減ってしまった模様。

美川憲一や小林幸子といった、いつもの常連も、
今年は更に悪ノリ感が倍増していたように感じました。
なんか残念でした。
今年で紅白出場が最後になる布施明は、そんな出演者の選考方法や内容に
疑問を抱いていたのだと思います。

おちゃらけた雰囲気を抑え、NHKが誇る威厳のある年末の番組として
放送すれば、紅白自体を毛嫌いしているアーティストも出場してくれると思うのですが。
とりあえず、ジャニーズ枠は廃止しないと日本の歌謡界は良い方向に進まないのでは、、
なんて思っちゃいます。

人それぞれ、考え方や好みの違いがあるので、一概にあぁだ、こぉだ、言えないですが、
せっかくNHKがやってるんだから、もうちょっと商業的な色気が薄らいでも良いのに、
と思うわけであります。

そんな中でも、やっぱり氷川くんは素敵だなぁと思いました★
会場にこだまする、おばちゃんの掛け声、気に入りました(笑)。

愛してきよし♪恋してきよし♪


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-31 00:00 | ochii
大掃除
今年の汚れを取り除くべく、本日はほぼ丸1日をかけて家のお掃除です。
窓、風呂、壁紙補修に至るまで、僕の担当箇所をせっせと磨き倒しました。

また、収納スペースの問題から、所持している音楽CDも大量に処分する事に決定。
処分といっても、年末年始にディスクユニオンにてCD買取キャンペーンを実施しているので、
そこでガッツリ売ってきたいと思います。

色々と思い出が詰まったCDなんかも手放す予定なのですが、
音だけはPCに取り込んでから放出したいので、
膨大なCDからPCへインポートする作業だけで年が明けてしまいそうです(苦笑)。

という事で、懐かしいCDばかりを眺めている年末。
今後、ブログのネタがなくなれば、懐かしのCDにまつわる思い出を振り返りながら、
レビューなんかをしてみたいと思いま~す★


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-30 00:00 | ochii
2009年
おつかれさまです。
室伏です。

今年も終わっていきますねー
2009年の主なエニミニ事としては、

◆1月 ワンマン@下北沢SHELTER
 シェルターでワンマン… 夢がひとつ叶いました。
 2時間、計23曲。
 人間、年食う度に感受性が鈍くなってきてしまうところがありますが、
 本番までの緊張感とあの空気感は、忘れられません。
 またいつかやりたいですねー

 それと同時に会場限定ep「Daydream About Gloria e.p.」もリリースしました。
 Fantasy~の流れの集大成というか、なんかうまく収まったみたいなかんじですかね?
 RUFUS remixの「Fantasy Of Life」は冬にぴったりですね。
 さすがのスウェディッシュ(笑)

◆3月 「V/A TRIBUTE TO THE GET UP KIDS」(EVOL RECORDS)に参加
 いわゆるエモの雄・THE GET UP KIDSのトリビュートに参加させてもらいました。
 ぶっちゃけ、「No Love」とか「Shorty」も候補に挙がってましたが、
 「All That I Know」で勝負しました。
 レコ発の演奏のみで終わっているので、復活させたいですねー

◆4~5月「シェフ・クックス・ミニー」@東京・名古屋・神戸
 下北沢の情熱、the chef cooks meとの小旅行。
 東京は、このまえ吉祥寺RINKYで見かけたDJ再結成ブーム、
 名神は、このまえアルバムをリリースした99RadioServiceに参加してもらいました。

 DJ再結成ブームの弾けっぷりに驚愕し、99RadioServiceの純粋さに嫉妬しました(笑)
 シェフは「High Fidelity」を、僕らは「レイトナイトスリープエイド」を互いにカバー。
 来年の2月にも、ちょっと趣向を変えてシェフ・クックス・ミニーを開催するので、
 お時間のある方はぜひ!
 このイベントは継続させていきたいですねー

◆6月 「V/A FIVE ON THE MOVE」(Niw! Records)に参加
 同世代のバンドが集まったコンピです。
 平均年齢26,7歳くらい?なんでエニミニはおっさんの部類ですが、
 Fedリクさんがいる限り安心です(笑)
 
 ほんといいイベントだと思います。
 最初に参加させてもらったリキッドのかんじとか、すごかったなー
 みんな本意気ですよ。
 昨日、DVDが家に届いたんですが、そろそろ発売なんですかね?

◆10月 sour pop sounds vol.5@下北沢SHELTER
 自主企画第5弾。
 毎回あんまり絡んだことがないバンドさんを中心に声をかけさせてもらってます。
 新しい出会いから、新しい何かが生まれてくると僕は思っているので、
 今後もいろんなバンドさんと一緒にいろいろやっていきたいです!


 なかんじですかね?
 ライブに来てくれた人、音源を聴いてくれた人、絡んでくれたバンド、
 各地のライブハウス、イベンター、レコ屋などなど、みなさん、ありがとうございました!

 来年は、やっぱり単独音源ですね。
 ちょいちょい曲が見えつつありますよー
 ハッピーな一年にしましょう!

 よいお年を!
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-29 00:00 | murofushi
御徒町密談
今年も数える程の日数になってまいりました。
終業直後、会社を飛び出し、私が向かった先はなぜか・・・
山手線沿線のマイナー駅、

御徒町(おかちまち)

隣駅の上野と非常に近距離である為、
年末恒例のアメ横買い物客が流れてきて、
街はかなりの賑わい。

そんな御徒町、線路沿いにあるファミリーレストラン、
ジョナサンにて、この御方と打合せしました★
a0107475_1414491.jpg



















三ツ星バンドthe chef cooks meのマスター、炎の料理人こと、シモリョーです♪

久しぶりにゆっくり会いました。まずはお互いバンドの近況なんかを話しつつ、
メインの打合せ内容は、もちろん来年2月のシェフミニについて。

いや~、色々と面白いことができそうですよ♪
音楽性、人間性共に僕はシモリョーに、一方的にシンパシーを抱いているので、
話をしていて楽しいです★

そんなこんなで、これから、色んなシェフミニ関連情報を小出しに発信していきたいと思います。
とりあえず、来年早々、新年会をやろうという事になりました(笑)。
その模様なんかも、赤裸々にアップしていこうと思いま~す!


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-28 00:00 | ochii
名前
日本で今年、産まれた子供の中で、最も多く付けられた名前を
こちらのサイトで見ました。

男⇒大翔(ひろと) ※3年連続で4回目のトップ
女⇒陽菜(ひな) ※2年連続5回目のトップ

どう読んでも、「だいしょう」 と 「ような」だろ~。

他の名前を見ても、普通の読み方では読めない名前のオンパレード。

「輝星」 ・・・ライト
「玲文」・・・レモン
「叶愛」・・・ノア

同じ日本人でさえ、読めない名前って、なんなんでしょう?(汗)。
そのうち、学校で名前は全てひらがなで書かなきゃいけなくなってしまいますよ。

「自分の子供は人の子とは違う」という、親の自尊心を満たす為に、
そんな名前を付けているとしか思えません・・・。

将来、子供が事あるごとに、自分の名前を正しく読んでもらえず、
その度に、訂正しなければならないストレスを考えると、
読めない名前を子供につけないと思うんですが・・・。

う~ん、理解不能。


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-27 00:00 | ochii
大悔日
大晦日ではありません。大悔日です。
自分、悔しいです!

先日、登録後1ヶ月無料期間のみの利用を宣言してた、ツタヤdiscasですが、

・・・自動更新されてしまいました(泣)。。

クリスマスに浮かれていた自分が情けない。
解約手続きをしようとしたその日に、更新されていました。

ツタヤdiscasに対する復讐の念を込めて、
何を借りてやろうか、画策中です(笑)。

年末年始、ぼ~っと過ごしていると足元をすくわれますな~(汗)。。


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-26 00:00 | ochii
ノエル
さて、本日はクリスマス★
本当はこの日がメインのはずなのに、いつの間にか
前日のクリスマスイブの方が盛り上がってしまっているのは、
ご愛嬌なのでしょうか(笑)。
欧米も同じ状況なのか、僕は良く知りません。。。

表題の「ノエル」ですが、フランス語でクリスマスの意味の言葉です。
ノエルといえば、オアシスのノエル・ギャラガー。
兄弟ゲンカばかりしているイメージがありますが、
名前は、かなり神聖な意味を持っているんですね~(笑)。

英語の名前もカッコイイですが、
日本人の名前で使われている漢字だって、
1文字1文字に意味が含まれていて、素敵です★
言葉で説明すると長くなってしまうことを、スパっと漢字一字で表現できる所が
カッコいいですよね~。たとえば、

「禅」
「徳」
「義」

なんていう、精神的に深い意味を持つ漢字に惹かれます♪
禅くん、なんていう男の子がいたら、僕は会う前から敬ってしまうかもしれません(笑)。
それくらい、漢字が人に与える印象って、大きいと思います。

話は逸れましたが、本日、クリスマスを漢字で書くとどうなるのか?
日本では明治時代、「聖祖祝日」と表現したようです。
キリストを「聖祖」と変換したんですね。素敵じゃないですか★

一方、現在の中国語ではクリスマスを「聖誕節」というそうです。
さらに、サンタクロースは「聖誕老人」。
老人と言い切ってしまう所が中国人っぽいですね(笑)。

それでは最後に中国語で“メリークリスマス”の意味を書いて、
締めさせて頂きます。

・・・

「聖誕快楽!」


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-25 00:00 | ochii
我欲魂震
世の中はクリスマスイブということで、
大多数が仏教徒の我々、日本人も浮き足だっております(笑)。

とはいえ、この極東の地でさえ、クリスマスやハロウィンといった、
西洋の祝い事が、正しい形ではないにせよ浸透しているという事は、
まさに日本の歩んできた歴史を反映しているし、
日本に昔からある祝祭事だって、もとを辿れば、中国や朝鮮から伝わったものもたくさんあると思います。

つまり、そんな事をチマチマ考えるよりも、

なんでもオッケーーー!!!お祝いじゃ~!!!

という事です(笑)。
プレゼントやら御食事やらで、お金が動くことは経済的にも良いことです★

プレゼントといえば、先日、ふと、トイザラスを覗いた際、
ベイブレードなる、現代版ベーゴマが大流行していると事を知りました。
細かい部品ごとに売られており、色々とカスタマイズできて、
小さい子供の間で、一大ブームになっているんだそうで・・・。

僕らの世代でいえば、ミニ四駆やゾイドといった類のおもちゃなんだと思います。
確かに自分も買ってもらったな~(懐)。

その他にも任天堂Wiiやら、ipodが店頭に並んでおり、
最近のお子様が欲しがるものは、大人顔負けです。

子供は、こういった物で感動できるから良いですが、
大人になってしまうと、なかなか感動するような贈り物って少なくなってしまいます。
世間に揉まれれば揉まれるほど、感動するハードルが高くなっているように思います。

皆さん、最近、魂が震える程、感動した経験がありますか?
僕はそれを求めています。間違いなく、何より欲しているものです。
あ~、神さま、僕にプレゼントしてくださ~い★


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-24 00:00 | ochii
ハッピーバースデー
本日は天皇陛下のお誕生日。
しかも今年は、早いもので、在位期間20年ですよ。

僕が小学生の時、当時住んでいた横浜にある
『こども国』にて、家族で遊んでいた時に、昭和天皇が崩御されました。

それから20年。
まだ、『こどもの国』って開園してるのかなぁ、と思って、
パソコンをカタカタしてみると、

何と、今月19日に天皇御一家が訪問されているではないですか!
いやぁ、これで『こどもの国』も安泰ですねぇ(笑)。
何せ日本で1番の箔がついたんですから!

せっかくなので、20年ぶりに行ってみようかなぁ、とも思いましたが、


・・・横浜、意外に遠い!
また、今度!(笑)。


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-23 00:00 | ochii
悪魔
毎週楽しみにしている名曲探偵アマデウス。

先々週の放送で武満徹のノヴェンバー・ステップスを取り上げていました。
最近、西洋のクラシックばかりを題材にしてきた為か、
一話一話のクオリティが落ちてきてるかなぁ、心配していたのですが、
ここにきて、一気に近代~現代音楽で攻めてくるのかぁ!と
ワクワクしておりました。

シェーンベルグやメシアン、スティーヴ・ライヒなんかが題材になる日も近い!
のかと思っておりましたが、

今週は、時代が再び遡り、パガニーニでした★
曲はもちろん、24の奇想曲。

確かに、これだけクラシックの作曲家に影響を与え、
キャラクターとしても魅力十分。
今まで題材にされてこなかったのが不思議なくらいです。

改めて、彼が紡いだバイオリンの超絶技巧を耳にしましたが、
終始、口をポカンと開けたまま、圧倒され続けました。

バイオリンという楽器をここまで高みに昇華させた功績は
計り知れないです。

ピアノで同じような功績を残したのは、リストであり、ショパンだと思いますが、
そうした彼等の先駆け、パイオニア的な役割をしたのがパガニーニです。

様々な音楽家が、彼の『24の奇想曲』をアレンジしてきましたが、
その中でも独自性でいったら、やっぱりラフマニノフが一番でしょう★
いつぞや、このブログにも貼り付けましたが、あの美しいメロディーが
週末以降、頭から離れません。

天才と天才のコラボレーション。

こんな曲を生み出す事なんてできない、
という確信が間違いないではない、という事はハッキリ分かります。
むしろ、そんな事を考えること自体がおこがましいです。

偉大な先人の作品というのは、その後の人々に呪縛、障害となり、
その壁を乗り越えたものが、次世代の音楽を奏でられる、
これが(西洋)音楽の歩んできた歴史だと思うんです。

同じことの繰り返し、先人の焼き直し、耳障りが良いだけの大衆性、
ここから如何に脱却し、色んなものからヒントを得て、
少しづつでも良いから、新しい要素を加えていく。

凡人にできるのは、そういった姿勢で曲を作ることぐらいです、、、

大分、脱線しましたが、言いたい事は至極簡単。


パガニーニ、マジでリスペクト!!


オチー
[PR]
by eniemeenie123 | 2009-12-22 00:00 | ochii


Twitter
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧